米沢牛を食べに山形県まで

千葉県在住の40代男性です。
私は20代の頃毎年お盆休みになると友人と一緒に山形県の米沢市まで車で旅行をしていました。目的は米沢牛を食べることです。

朝の4時頃出発して車で7時間くらいかかって到着します。
ほとんど寝ないで7時間も車を運転するなんて今では考えられません。若さってすごいですね。

途中鶴ヶ城や猪苗代湖などに寄って観光も楽しみました。

お盆ということもあってかなり渋滞する道もありますがなんとかお昼には米沢市に到着します。

そしていよいよメインイベント。米沢牛を食べにお店に向かいます。

毎年行くお店が決まっていました。1階がお肉屋さんで2階がレストランになっています。だいたいいつも食べるのがサーロインステーキ。1食9,000円くらいかかります。しかし米沢牛の美味しさを味わったら値段の高さなんてどうでもよくなってしまいます。とにかく美味しい。そこら辺のスーパーのお肉とは全く比べものになりません。

柔らかくてとてもジューシー。肉ってこんなに美味いんだと気付かされます。

すき焼きやしゃぶしゃぶも食べたことがありますが、これも絶品。

口の中でフワッととろけてしまう感じです。わざわざ7時間もかけて米沢まで来たかいがあります。

食べ終わると1階のお肉屋さんでステーキやソーセージなどをお土産に買って帰ります。

さらに帰りには喜多方ラーメンを食べてラーメンもお土産に買って帰るのです。
食べてばかりの1日ですがほっぺの落ちそうな幸せな1日になります。

またいつか行きたいと思います。

軽井沢で過ごしたゴールデンウィーク

2016年のゴールデンウィーク。主人とどこか旅行へ行こうと選んだのが、前年結婚式を挙げた軽井沢でした。結婚式の下見、結婚式当日につづき3度目の軽井沢訪問でしたが、それまでは結婚式を挙げた教会やホテルの周辺でゆっくりするだけで、観光らしい観光はこれがはじめて。東京でレンタカーを借りて、いざ出発。渋滞に巻き込まれることもなく、3時間半ほどで軽井沢に到着。まずは軽井沢駅前のアウトレットでお買い物をすることに。日差しは5月とは思えないような強さでしたが、山からの風が吹くと少し肌寒いくらいの気温でした。広大な敷地のアウトレットで空腹を満たしお買い物を満喫したあと、Airbnbで予約していた別荘へ向かうことに。別荘地で有名な軽井沢。要人の別荘も数多く存在するため、カーナビに住所を入力しても、案内されるのは別荘の管理事務所まで…そこから先はホストに教えてもらった道順と写真を頼りに、家を探します。森の中を進み、なんとかステイ先の別荘に到着。ホストとトイプードルに歓迎されて、しばらくお茶をしながらホストと談笑。軽井沢の美味しいレストランやドライブコースなど、ホストおすすめスポットを教えてもらいました。2泊3日で滞在したのですが、結婚式を挙げた教会のある星のエリアで食事や温泉を楽しんだり、ホストおすすめのレストランへ朝食を食べに行ったり、隣町の小諸市までドライブへ行ったり、充実した軽井沢ステイとなりました。

自分に適した結婚相談所を選ぶ|ポイント・コツは?

結婚相談所には、プランがいろいろあります。自分に適した結婚相談所を選ぶためには、まずプランを見比べることが重要です。多くの場合、料金設定が高額になっていますが安いところもあります。予算が決まっている場合には安い料金設定のところを選択するのが適しています。プランによって、追加料金があるかないかも異なります。一ヶ月のうちに何度もお見合いやパーティー参加を行うのであれば追加料金なしのプランを用意している結婚相談所が最適です。あまり数をこなさずゆっくり婚活を行いたいのであれば、初期費用が安く設定されている結婚相談所が適しています。
また積極的に相手を探したい場合には、パーティーなどイベントを多く開催している結婚相談所も良いでしょう。人見知りで、一人ずつ時間をかけて会いたい場合にはお見合いを重視している結婚相談所を選びましょう。結婚相談所ではプロフィールを見て自分で相手を探すのがメインになっている場合と、スタッフが合いそうな相手を見つけてくれるシステムがあります。自分で合いそうな相手が分からないなら、スタッフがサポートしてくれる結婚相談所を選んだ方が多くの人と出会うチャンスがあります。自分で目的が決まっているなら、自由度の高いところがおすすめです。

 

まとめ|自分にピッタリの結婚相談所を選ぶコツ・ポイント

1.結婚相談所のプランを見比べる

2.パーティーなどイベントを多数開催されてるか?

 

 

結婚相談所利用体験談

私は、結婚相談所に登録をして、結婚相手の人とめぐり合うことができ、結婚をすることができました。結婚相談所に登録をするまでは、「本当に結婚できるのかどうか、せっかく入会したけど結果を残せるのかどうか」でドキドキしていて、入会したけど辞めておけばよかったかな・・・と後ろ向きに考えることもありました。

 

ですが、結婚相談所で、毎月数人の人を紹介してもらい、一生懸命婚活をしたおかげで、結婚をすることができました。結婚相談所では、毎月、ネット上で自分への紹介してもらった人が見れるので、その中から、自分があってみたいと思う人を選んで、メールを送りました。何度メールを送っても、たくさんの人からお断りをされたりして、会う前からお断りをされたということで、「私の何が悪いんだろう、見た目かな」と凹むこともたくさんありました。

 

ですが、せっかく結婚相談所に登録をしたのだからと、気持ちを奮い立たせて、何人もの人にアタックをしました。その中で、今の旦那さんがメールを返してくれて、それから会ってみて、お付き合いをすることになりました。結婚相談所での活動は、しんどくなることもありますが、長引けば長引くほど、紹介してもらえる人の数が減ってくるので、最初に頑張るのが大切だと思いました。

長崎まで1人旅!

私は一昨年の10月に1人で長崎を訪れました。当時の私はたくさんの廃墟を見てみたいと思っており、軍艦島へ行くのが一番の目的でした。世界遺産の登録される直前でしたので、たくさんの人が軍艦島上陸ツアーに参加しており、1ヶ月前でも満席の日がとても多かったです。私は京都から10時間以上かけて夜行バスで長崎まで向かいました。
飛行機という手もあったのですが、3日間の休みでより多くの観光地を巡るために、夜の時間を有効活用しようと考えました。初めに片島という半島にある、片島魚雷発射試験場跡に向かいました。建物はぼろぼろでしたが、当時の様子を垣間見ることができました。そのまま電車とバスで移動し、佐世保の九十九島がよく見えるポイントまで向かいました。
バスの本数がとても少なく、その日は夕焼けを見られず帰ろうとしたところ、写真をとっていた地元の方が、長崎まで車で送っていくと言ってくれたので、九十九島に沈む美しい夕焼けを見ることができました。長崎まで乗せていってもらったあと、なんと稲佐山の夜景まで連れていってくれ、いたれりつくせりでした。とても素晴らしい方に出会いました。
翌日は、軍艦島ツアーに参加し軍艦島の迫力に圧倒されました。上陸後は島の片面しかみることができなかったのが、とても残念でした。多くの産業遺産が残る九州には再度訪れ、もっとたくさんのものを見て学びたいと思っています。

知床半島へのツアーに参加!

2016年の夏に知床半島への2泊3日のツアーに参加しました。ずっと行ってみたい場所の一つだったので、出張で北海道に行った時に休日をもらい行かせてもらいました。今まで1人旅というかたちで色々な場所へは訪れていたのですが、知床半島までは車がないとどうしても行くことができず、初めて1人でツアーに参加しました。知らない人と観光地を巡るというのはこれまで経験がなく、はじめはとても緊張しました。特に20代は私1人で、あとの方々はご高齢の方ばかりでした。
札幌から出発し長時間バスでの移動でしたが、窓から見える景色は広大な自然と、見たこともないような長い一本道で飽きることがありませんでした。知床半島では、観光船に乗り、カムイワッカの滝まで行きました。当初は半島の先まで行く予定でしたが、その日は波が荒くそこまでしかいけないといわれ、とても残念でした。それでも見える景色は圧倒的に美しく、内地では見られない広大な自然に圧倒されました
切り立った崖から流れ落ちるカムイワッカの滝はとても迫力があり、船からではありましたがとても雄大でした。宿泊先ではバイキング形式での食事で、思う存分に北海道の海の幸を堪能しました。可能であれば、また冬に訪れ、違った景色を見てみたいと思えるほど思い出に残るツアーになりました。

広島での思い出

私は2016年の夏前に、友達と2人で広島まで旅行に行きました。一緒に訪れた友人は、アメリカから遊びにきていた友人で、彼女が広島へ行ってみたいと行っていたことから訪れたのでした。その友人は、人生で初めての日本旅行だったので、新幹線に乗れること自体にとても興奮していました。
一緒に新幹線で駅弁を食べ、楽しみにしていた新幹線のアイスクリームを食べ、彼女がすごく喜んでくれたことがとても記憶に残っています。広島へは学生時代の修学旅行でも訪れたことがありますが、大人になってから行くとまた感じるものが変わってきました。昔ながらの路面電車がまだ残っており、とても風情を感じました。
もともと彼女がどうしても訪れたいと言っていた原爆ドームでは、目の前にするだけでその迫力に圧倒され、周囲にある説明文を読んだり、ボランティアの方々のお話を聞くだけで涙が出ました。更に、徒歩圏内の広島平和記念資料館では、あまりの凄惨さに声も出ずひたすら涙が溢れるばかりでした。
それでもやはり、この歳になり、そこに行ったということはとても価値のあるものであり、大人になったからこそ、その場に訪れて実際に目で見て、しっかり歴史を学ぶべきだと感じました。異国の地からきた友人、特にアメリカ人と一緒に戦争の記録を見にいったことはとても意味のあったことで、本当に行って良かったと思っています。素敵な思い出ができました。

宅配仕様の買い物

新生活が始まってから、私の買い物のスタイルががらりと変わりました。今までは少し遠いスーパーまで自転車か歩きで向かっていたのですが、この3月からコープデリという宅配スタイルの生活を送っています。玄関先まで食材を届けてくれる上にドライアイスなどを入れて冷凍食品もその日のうちなら溶けずに保管出来るのです。最近、新生活で忙しく買い物をする体力や時間の余裕もない、という時にコープデリの販売員の方が登録してやってみないかと勧めてくれました。
前から興味があり、これがあると楽だろうなー…と思っていたので、これを機会に登録してやってみる事になりました。まず最初にどんな感じで、どんな味だろう?と思いながら少量の注文をしてみたのですが、お惣菜や冷凍食品が他のスーパーにはない味付けでとても美味しいのです。しかも食材だけでなく、日用品や雑貨、キッチン用品など様々なジャンルのものを取り扱っているので、かさばってしまうトイレットペーパーやティッシュなども時間がない時は頼むようにしています。とても楽で、ありがたいと感じます。これから先は、この宅配スタイルの買い物は無くてはならない存在ですね。

いちご狩りに行ってみました

毎年いちご狩りに行っています。1月から5月までのシーズンでいちご狩りをされている所が多いですが、やはり暖かくなる前に行く方が苺もおいしい気がします。今回は4月になって行ったこともあり、甘くて真っ赤なものが多かったように感じました。私が行ったところは、8品種の苺があり全国各地のものが揃っていました。特に私が好きな苺はあまおうです。甘さが際立つ苺ではあまおうが王様のように感じます。さがほのかもおいしかったです。あまおうよりは形が従来の苺の形で可愛らしく、味も美味しいです。静岡県の品種と言われる章姫は、私の口には合わずあまりおいしくありませんでした。ぼけたような味で、2度と食べたいとは思わないです。いちご狩りは家族連れがたくさん来てあり、子どもさんが楽しく食べているのが印象的でした。練乳をかけて食べるのももちろんおいしいと思いますが、やはりそのまま食べるのが苺の味を堪能できると思います。また来年もいちご狩りをしに行く気でいるので、どんなところに行こうかリサーチして行きたいと思います。